• 海皇紀 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • イベルグエン

イベルグエン

イベルグエン

海皇紀(漫画)に登場する集団。

登場作品
海皇紀(漫画)
正式名称
イベルグエン
ふりがな
いべるぐえん
関連商品
Amazon 楽天

概要

クラッサ・ライを頭目とし、「闇の魔人衆」とも呼ばれている。代々伝わる独自の戦闘術に加え、ルドランの目、ダンドーの耳などの魔道具を用いて、諜報・暗殺などの任務に従事する。一人前の構成員は「魔人」を名乗ることを認められ、その技量に達していないものは「下人」と呼ばれる。各地から攫ってきた子供を、「下人」として育てることで集団を維持してきたらしい。

登場作品

海皇紀

科学技術文明が伝説のものとなっている超未来を舞台に、海洋民族海の民の一員であるファン・ガンマ・ビゼンの活躍を描く作品。個人の冒険談であると同時に、大国間の存亡を賭けた戦争を描く未来史物語としての側面も... 関連ページ:海皇紀

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
海皇紀
logo