イリ―ナ・イェラビッチ

イリ―ナ・イェラビッチ

暗殺教室(漫画)の登場人物。別称、ビッチ先生。

登場作品
暗殺教室(漫画)
正式名称
イリ―ナ・イェラビッチ
別称
ビッチ先生
関連商品
Amazon 楽天

概要

殺せんせー暗殺のため英語教師として3年E組に送り込まれた暗殺者。自他共に認める美貌とプロポーションを利用し、色仕掛けやハニートラップで対象者を暗殺することを得意とする。どんな相手であってもコミュニケーションが取れるよう、日本語含め10ヶ国の言語をマスターしている。もともとは民族紛争が激化する国で両親を失った孤児。

暗殺を生業とする世界から身を移し、3年E組の生徒たちと触れ合うことで豊かな感情を気付かないうちに身につける。烏間惟臣に恋愛感情を抱いておりアタックを仕掛けるが、烏間があまりにも鈍感なためほとんどが空振りに終わった。

関連人物・キャラクター

烏間惟臣

防衛省臨時特務部に所属する男性自衛官で、殺せんせーの監視と暗殺実現のため3年E組に出入りする。対外的には3年E組の副担任であり、担当科目は体育。戦闘能力は殺せんせーには遠く及ばないものの人間としては非... 関連ページ:烏間惟臣

殺せんせー

本名は不明だが、殺せない先生という意味で生徒の茅野カエデが名づけた。タコに近い見た目で、過去は不明だが宇宙人ではなく地球生まれ。月の7割を破壊し永遠に三日月しか見られない状態にした後、1年後の3月に地... 関連ページ:殺せんせー

登場作品

暗殺教室

世界観月を破壊した超破壊生物殺せんせーの存在は一般には隠されており、彼が「次の年の3月に地球を爆破する」と宣言していることについては最重要国家機密で、3年E組など一部の関係者を除いては各国のトップクラ... 関連ページ:暗殺教室

SHARE
EC
Amazon
logo