イレーヌ・ベアール

SARU(漫画)の登場人物。暗殺団とはライバル関係。

  • イレーヌ・ベアール
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
SARU(漫画)
正式名称
イレーヌ・ベアール

総合スレッド

イレーヌ・ベアール(SARU)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

不気味な雰囲気の漂う幼い少女。フランスのパリで、暗殺団によって引き起こされた交通事故に遭い両親を失う。彼女自身は一命を取り留めたものの、“悪魔憑き”とされ、イタリアのエクソシスト、カンディド・アマンティーニと面会することになる。実は彼女には、古くから伝承されている“”が憑依しており、自らを孫悟空としたうえで、“”にまつわる様々な知識と、世界に迫りつつある危機をカンディドらに語るのだった。

作中では憑依している“”としての人格しか描かれていないため、イレーヌ本人の人格は不明である。

関連キーワード

『SARU』に登場する組織。“猿”がより強く憑依している人間を、一般の事件や事故に装い殺害してまわっている謎の多い集団。黒魔術を操る。イレーヌ・ベアールが巻き込まれた交通事故も、この暗殺団によって引き...

登場作品

時は現代。イタリアのエクソシスト、カンディド・アマンティーニは謎の神父サベーリョの依頼で、とある“悪魔憑き”とされた少女イレーヌ・ベアールと面会する。彼女は自らを孫悟空と名乗り、古今東西に伝わる謎の生...