イワレヒコ

神武(漫画)の登場人物。別称、伊波礼彦。ヒミコ、ミトシとは親族関係にある。

  • イワレヒコ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
神武(漫画)
正式名称
イワレヒコ
ふりがな
いわれひこ
別称
伊波礼彦
別称
神武

総合スレッド

イワレヒコ(神武)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

ヒミコの孫で邪馬台国(やまとこく)の皇子。聡明で、人の和を尊ぶ気質を持つ。幼少の頃、邪馬台国とクマソの争いを収めたことが縁となり、ツノミが臣下として仕えるようになった。日向(ひむか)の皇子として成人し、クマソ族長の娘アビラツヒメと結婚した。しかし、大和纒向(まきむく)のオオドシの娘ミトシとの婚姻がもちあがり、アビラツヒメを置いて東国へと向かう。

婚姻に反対するミトシの祖父ナガスネヒコとの戦いをへて纒向に入ったイワレヒコは、ツノミらに支えられ、大和の王となる。天皇家の祖・神武天皇がモデルとなった人物。

登場人物・キャラクター

邪馬台国(やまとこく)の女王にして巫女。イクツヒコ、クスヒ、タギリらの母。ツノミ、ツヌヒコ、テルヒメ、イワレヒコらの祖母。高みから人を照らす大巫女として君臨していたが、ナムジを使って於投馬(いずも)を...
ナムジとタギリの長子。沖ノ島で育つ。父ナムジが隠れて後、相続権を持つ弟ツヌヒコと共に於投馬(いずも)に連行されるが、命を狙われ、叔父オオドシの治める大和に逃れた。その後、邪馬台国の皇子イワレヒコに仕え...
オオドシの娘。ナガスネヒコの姪。幼少の頃よりツノミに想いを寄せていたが、大和纒向(まきむく)の国の後継者として邪馬台国(やまとこく)の皇子イワレヒコを婿とした。イワレヒコとの間に子供をもうけたが、ツノ...

登場作品

ナムジの息子ツノミは沖ノ島で育ったが、邪馬台国の軍に侵略され、於投馬(いずも)へ連れて行かれる。於投馬の相続権を持つ弟のツノミは王にしたてられるが、何かと諍いを起こすツノミは命を狙われ、大和へと逃がれ...