インキンタムシ

インキンタムシ

男おいどん(漫画)に登場する皮膚病。

登場作品
男おいどん(漫画)
正式名称
インキンタムシ
関連商品
Amazon 楽天

概要

大山昇太の陰部を冒す皮膚病で、常に激しい痒みをもたらしている。作中に登場する『家の医学』によれば、インキンとタムシは別の疾病である。インキンは陰嚢部分の乾燥性の湿疹で皮膚が剥げる。タムシは白癬菌というカビによるものである。治療法としては、大山はマセトローションという軟膏を愛用していた。

大山を媒介として、下宿館の男性のほとんどがインキンタムシに感染している。

登場作品

男おいどん

大山昇太は、中学校卒業後、大志を抱いて九州から上京する。昼間はアルバイト、夜は夜間高校に通うも、トラブル続きで、どちらの道も閉ざされてしまう。オンボロアパート「下宿館」の四畳半で、金も無い、腕力も無い... 関連ページ:男おいどん

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo