イングリット・ゴールドブルグ

BROTHERS-ブラザーズ(漫画)の登場人物。別称、アニタ。メモリー、アルベルド・ゴールドブルグとは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
BROTHERS-ブラザーズ(漫画)
正式名称
イングリット・ゴールドブルグ
別称
アニタ

総合スレッド

イングリット・ゴールドブルグ(BROTHERS-ブラザーズ)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

マッキー、リッキー、メモリーの母。第二次大戦中のドイツの生物学者で、HEMの開発者。夫が死にかけたとき、HEMに脳を移植して救う。その手術の後、自分もHEMに脳を移植してもらう。しかし、そのボディ「アニタ」が特殊な女性形のHEMだったため、長期の睡眠からの覚醒には特殊な条件が必要になる。

戦後も長期の睡眠を行いつつ、生きながらえている。HEMのメンテナンスは、ほとんど彼女が行う。戦後は、ほとんどアニタと呼ばれ、イングリットという名前はほとんど用いられない。

登場人物・キャラクター

ニューヨークにある「ブラザーズ探偵事務所」のメンバー。リッキーとマッキーの妹。外見は14歳の少女だが、リッキーと同じHEMの身体を持っており、超人的な身体能力で様々な任務を遂行する。1942年にドイツ...
マッキー、リッキー、メモリーの父。第二次大戦中のドイツでの物理学の権威で、物理博士。生物学者でHEMの開発者であったイングリットと結婚して、研究に飛躍的な進歩を与えて、HEM完成の立役者となる。試作H...

登場作品

ニューヨークで「ブラザーズ探偵事務所」を開いたマッキー、リッキー、メモリー。この三人兄弟のうち、リッキーとメモリーは、シリコン製の細胞を持つ、より生物に近いサイボーグHEM(ホモ・エレクトロ・メカニク...