イングリナ

イングリナ

妖精国(アルフヘイム)の騎士(漫画)の登場人物。

登場作品
妖精国(アルフヘイム)の騎士(漫画)
正式名称
イングリナ
ふりがな
いんぐりな
関連商品
Amazon 楽天

概要

北の大国グラーンの王ギナンドリィ・ソライアル・グラグノールの第一王妃。元はキリアンの姫。ディオルト・エンゲリック・グラグノールの母親。絶世の美貌と激しい野心の持ち主。占術師としての力を強く持ち、愛する夫をこの世の征王とするため、封印された闇の神皇子オディアル・ルーフィフスに接触。彼を赤子として宿させられ、ディオルトとして出産した。

しかしその負荷に耐え切れず、出産後すぐに死去。

登場作品

妖精国(アルフヘイム)の騎士

地上にまだ妖精や竜がいた時代。アルトディアスの王にはローラントとローゼリィという双子の王子と姫がいた。ローラント王子は音楽を好む穏やかな性質で、ローゼリィ姫は剣や武芸を好むおてんばだった。ある日怪我を... 関連ページ:妖精国(アルフヘイム)の騎士

SHARE
EC
Amazon
logo