インディアンの保安官

インディアンの保安官

荒野の少年イサム(漫画)の登場人物。読みは「いんでぃあんのほあんかん」。

登場作品
荒野の少年イサム(漫画)
正式名称
インディアンの保安官
ふりがな
いんでぃあんのほあんかん
関連商品
Amazon 楽天

概要

インディアンでありながら保安官をしている男。各地を転々としながらアウトローを倒している。銃や馬の扱いはもちろん、動物のような身のこなしでビッグ・ストーンをも恐れさせる不気味な実力の持ち主。夜中に銃の練習をしていた渡イサムに興味を持ち、イサムを調べているうちにモリソン牧場に拾われていたサンダー・ボルドを手に入れたくなる。

関連人物・キャラクター

サンダー・ボルド

『荒野の少年イサム』に登場する馬。並外れた身体能力を持つ名馬だが、気性が激しく、めったに人に懐かない。コロラドの牧場に飼われていたが、「コロラド一の名手」と言われた牧場主の息子ビリー・ホークですら扱い... 関連ページ:サンダー・ボルド

ビッグ・ストーン

黒人のアウトロー。自分の母親を殺害したウインゲート一家に深い恨みを持ち、ウインゲート一家に復讐することを生きがいにしている。また、有色人種を差別する白人たちに対しても深い恨みを抱いている。シエラ・ネバ... 関連ページ:ビッグ・ストーン

登場作品

荒野の少年イサム

舞台は西部開拓時代のアメリカ。日本人の血を引く赤ん坊渡イサムは、父親と生き別れになり、荒くれ者たちの集落ロッテン・キャンプに拾われて、そこに住む男たちに可愛がられながら純真に育っていた。しかし、イサム... 関連ページ:荒野の少年イサム

SHARE
EC
Amazon
logo