ウィリアム・トーマス・ジェファーソン3世

ウィリアム・トーマス・ジェファーソン3世

猫ラーメン(漫画)の主人公。読みは「うぃりあむ・とーます・じぇふぁーそんさんせい」。別称、大将。

登場作品
猫ラーメン(漫画)
正式名称
ウィリアム・トーマス・ジェファーソン3世
ふりがな
うぃりあむ・とーます・じぇふぁーそんさんせい
別称
大将
関連商品
Amazon 楽天

概要

人語を解し、ラーメン店を経営し、自らラーメンも作るオス猫。種類はアメリカン・ショートヘアー(ホワイトコート)という、珍しい真っ白な猫。いつも鉢巻を絞め、黒い前掛けを身に着けている。目は普段は閉じて、一本の線で描かれている。特注のコンタクトレンズを使っているらしい。体調60㎝、体重6㎏くらい。

本名は、ウィリアム・トーマス・ジェファーソン3世。12匹くらいの弟と、一匹の妹がいる。トップモデル猫の父から後継者となることを期待され、厳しい教育を受けるが、それに耐え切れず家出する。様々な職業を経験するが上手くいかず、 絶望して川に飛び込もうとしたとき、屋台のラーメン屋の親父さんから一杯のラーメンを差し出され、そのうまさにラーメン屋になることを決意する。

屋台から始めて努力の結果、「猫ラーメン」という店のオーナー兼調理人になる。大将が作るラーメンは、ぬるく伸びている上、猫の毛が入っているが、猫が作っているというだけで評価されている。 そして、大将は予想の斜め上を行くとんでもないラーメンを無数に創作し、不可解で理不尽なサービスを大量に実施して、常連の田中や人々をのたうち回らせる。

さらにカレー屋も始めてしまい、混乱にますます拍車をかけた。猫ということで特別扱いされることを好まない。また、可愛がられたりいじられることを、非常に嫌悪する。

関連キーワード

元祖・猫麺

猫ラーメンで用いられる、かつを節と牛乳が練りこまれた特製の麺。店の入口にも大きくその名前が書いてある。昔、大将(ウィリアム・トーマス・ジェファーソン3世)が病気の猫を助けるため、猫でも美味しく食べられ... 関連ページ:元祖・猫麺

猫ラーメン

大将と呼ばれる猫が経営するラーメン屋(ウィリアム・トーマス・ジェファーソン3世)。基本はカウンター席のみ。大将が思いつく、得体のしれないラーメンやサービスを提供する。3号店まで展開している。2号店は、... 関連ページ:猫ラーメン

登場作品

猫ラーメン

会社員の田中康一は、ふとしたことで、大将(ウィリアム・トーマス・ジェファーソン3世)と呼ばれる猫がオーナーで料理人の店「猫ラーメン」の常連になってしまう。大将は思いもよらぬ発想で、珍妙なラーメンや不可... 関連ページ:猫ラーメン

SHARE
EC
Amazon
logo