ウィリアム・ハワード・ラッセル

ウィリアム・ハワード・ラッセル

黒博物館ゴースト アンド レディ(漫画)の登場人物。

登場作品
黒博物館ゴースト アンド レディ(漫画)
正式名称
ウィリアム・ハワード・ラッセル
ふりがな
うぃりあむはわーどらっせる
関連商品
Amazon 楽天

概要

イギリスの新聞ザ・タイムズの記者で、世界初の戦場特派員としてクリミア戦争の取材にあたる。戦地での劣悪な医療体制についての暴露記事を書き、それを本国イギリスの戦時大臣シドニー・ハーバートが読んだことで、フロレンス・ナイチンゲール(フロー)にスクタリ野戦病院へ赴任してもらいたいとの依頼がなされた。

フローの着任後、野戦病院の環境が改善されていくのをつぶさに記録し、報道。また一個人としてもフローの熱心な信奉者のひとりとなり、親交を深めた。フローの命を狙うジョン・ホールが彼女をクリミアへと招いた際にも同道。ジョン・ホールが放った刺客が襲来すると、ペンを銃に持ち替えてフローを守るために戦った。

同時代の実在人物、ウィリアム・ハワード・ラッセルをモデルにしている。

登場作品

黒博物館ゴースト アンド レディ

イギリスにあるドルーリー・レーン王立劇場には、灰色の服の男と呼ばれる幽霊が存在した。彼が現れる舞台は成功するというジンクスから、関係者たちからは歓迎される。灰色の服の男がドルーリー・レーン王立劇場にい... 関連ページ:黒博物館ゴースト アンド レディ

SHARE
EC
Amazon
logo