ウイリアム・ランバート

マリーベル(漫画)の登場人物。ロベール・ランバートとは親族関係にある。

  • ウイリアム・ランバート
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
マリーベル(漫画)
正式名称
ウイリアム・ランバート
ふりがな
ういりあむらんばーと

総合スレッド

ウイリアム・ランバート(マリーベル)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

恰幅のいい公爵。マリーベルが拾われたドーバーの別荘の持ち主。妻メアリーとの間に息子ロベールと娘エリザベートがいた。エリザベートが生まれつき盲目なのを悩んだメアリーのためにドーバーの別荘で静養させていたが、無理心中を図ってエリザベートとメアリーは死去。

ロベールも錯乱してこもりがちになる。マリーベルと過ごすうちに、ロベールが立ち直り、元気になったという報告を受けたが、これを信じきれず、後継ぎの養子をとろうとした。ロベールとマリーベルとの恋は、ふたりの身分が違うことを理由に反対している。だが、後に、ロベールがフランスでマリーベルと婚約して帰ってきたときはこれを認めるようになった。

登場人物・キャラクター

マリーベルの運命の恋人。マリーベルが身を寄せたランバート公爵の後継ぎだが、病弱であったためドーバーの別荘で暮らしていた。9歳のとき、ランバート公爵が養子をとって後継ぎにしようとしたため、ロンドンに乗り...

登場作品

18世紀後半、イギリスでランバート公爵家に拾われた少女マリーベルは、後継ぎのロベールと親しくなり、愛を育む。だが、身分違いのため恋を諦め、生き別れの兄アントワーヌを探すためもあってフランスに渡る。旅芝...