ウェウェコヨトル

ウェウェコヨトル

真夜中のオカルト公務員(漫画)の登場キャラクター。別称、琥珀。

登場作品
真夜中のオカルト公務員(漫画)
正式名称
ウェウェコヨトル
ふりがな
うぇうぇこよとる
別称
琥珀
関連商品
Amazon 楽天

概要

アステカ神話の神様のアナザー。性別は不明だが、足元まで伸びる長い髪を持つ美形。音楽やダンス、歌の神と崇められる一方で、自分の退屈しのぎに争いを起こさせて楽しむ災いの神として有名。その名前は「老いたコヨーテ」を意味する。昔、安倍晴明が使役していたという数々の物の怪のなかで、唯一縛らずに友とした物の怪であり、彼を慕っていた。

本当はコヨーテだが、晴明は何度も黒い狐と言い、彼の瞳が黄色いので、琥珀と名付けられた。宮古新を晴明と思い込み、彼を楽しませようと、動く死体を作る儀式を行うための材料を、あらゆるところから強制的に収集している。基本的に考えが幼稚で、その場の快楽と好奇心を満たすため、深く考えずに物事を起こす。表面上はとてもフレンドリーだが、完全な善意で行動することはなく、常に裏がある。

登場作品

真夜中のオカルト公務員

新社会人の男性が、オカルト的事象を解決するための知られざる組織に配属されることになり、妖怪や悪魔など、人外の者を相手にさまざまなトラブルを解決すべく奔走する。普通ではない環境に翻弄される公務員の日常を... 関連ページ:真夜中のオカルト公務員

SHARE
EC
Amazon
logo