ウフコック・ペンティーノ

ウフコック・ペンティーノ

マルドゥック・スクランブル(漫画)の登場人物。別称、ウフコック。

登場作品
マルドゥック・スクランブル(漫画)
正式名称
ウフコック・ペンティーノ
別称
ウフコック
関連商品
Amazon 楽天

概要

委任事件担当捜査官。人間の言葉がわかるネズミ型の万能兵器で、自由に身体の形をかえ、武器や道具にすることができる。元はボイルドのパートナー。シェルのような悪党のはびこる街を認めたくなくて、バロットの道具になるべく、白兵戦用兵器・万能道具存在(ユニバーサルアイテム)となる。

自分を道具として使え、とバロットに言い続けるものの、バロットウフコックのパートナーでありたいと願い、彼もそれを受け入れることになる。ところが誘拐屋との戦いで戦闘を楽しみはじめる彼女を見て、楽しむ殺人を激しく拒絶。反動で下半身を失ってしまう。ドクター・イースターによって「楽園」で修復後、和解。

オクトーバー社を叩くために、共にカジノに乗り込む。シェルを追い詰めた後も追ってくる、元パートナーのボイルドに対し、バロットと共に戦うことになる。

関連人物・キャラクター

ディムズデイル・ボイルド

人を殺すのが好きな元軍人で、ウフコックの元パートナー。かつて寝ていたウフコックを使って、大勢の人間を殺害したことで、決裂した。拳にはバロットと同じ特殊金属繊維を移植、脳と四肢を改造し、一生眠らず過ごし... 関連ページ:ディムズデイル・ボイルド

ルーン=バロット

元少女娼婦。居場所を与えてくれたシェル・セプティノスを信頼していたが、突如裏切られて、命を落としかける。生命の保護などに限って、禁止された科学技術使用を許可する「マルドゥック・スクランブル-09法」で... 関連ページ:ルーン=バロット

登場作品

マルドゥック・スクランブル

一度殺されかけた少女バロットが、委任事件担当官ドクター・イースターと、自分の体を自由に変えられるネズミのウフコックに救われ、自分はなぜ生きているのか、殺す側なのか殺される側なのか、という問題に責めさい... 関連ページ:マルドゥック・スクランブル

SHARE
EC
Amazon
logo