ウマシマチ

神武(漫画)の登場人物。別称、宇摩志麻治尊。オオドシ、ミトシとは親族関係にある。

  • ウマシマチ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
神武(漫画)
正式名称
ウマシマチ
ふりがな
うましまち
別称
宇摩志麻治尊

総合スレッド

ウマシマチ(神武)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

オオドシの息子。ミトシの兄。オオドシの死後、ツノミの考えに同調し、邪馬台国からイワレヒコを妹ミトシの婿として受け入れようとする。保身に走りやすい日和見的な人物で、ツノミミトシの間に子ができたことで、ツノミの影響力が増すことを恐れ、排除しようと謀略をめぐらす。

古事記に登場する物部氏の祖・宇摩志麻遅命(ウマシマジノミコト)をモデルとした人物。

登場人物・キャラクター

スサノオの三男。ツノミの叔父。大和纒向(まきむく)を統治する。於投馬(いずも)に居づらくなったツノミをツヌヒコを通した霊言で大和に呼び寄せ、保護した。すぐれた見識を持つ王としてよく国を統治し、邪馬台国...
オオドシの娘。ナガスネヒコの姪。幼少の頃よりツノミに想いを寄せていたが、大和纒向(まきむく)の国の後継者として邪馬台国(やまとこく)の皇子イワレヒコを婿とした。イワレヒコとの間に子供をもうけたが、ツノ...

登場作品

ナムジの息子ツノミは沖ノ島で育ったが、邪馬台国の軍に侵略され、於投馬(いずも)へ連れて行かれる。於投馬の相続権を持つ弟のツノミは王にしたてられるが、何かと諍いを起こすツノミは命を狙われ、大和へと逃がれ...