ウマシマチ

ウマシマチ

神武(漫画)の登場人物。別称、宇摩志麻治尊。オオドシ、ミトシとは親族関係にある。

登場作品
神武(漫画)
正式名称
ウマシマチ
ふりがな
うましまち
別称
宇摩志麻治尊
関連商品
Amazon 楽天

概要

オオドシの息子。ミトシの兄。オオドシの死後、ツノミの考えに同調し、邪馬台国からイワレヒコを妹ミトシの婿として受け入れようとする。保身に走りやすい日和見的な人物で、ツノミミトシの間に子ができたことで、ツノミの影響力が増すことを恐れ、排除しようと謀略をめぐらす。

古事記に登場する物部氏の祖・宇摩志麻遅命(ウマシマジノミコト)をモデルとした人物。

関連人物・キャラクター

オオドシ

スサノオの三男。ツノミの叔父。大和纒向(まきむく)を統治する。於投馬(いずも)に居づらくなったツノミをツヌヒコを通した霊言で大和に呼び寄せ、保護した。すぐれた見識を持つ王としてよく国を統治し、邪馬台国のヒミコも彼を競争相手として最も恐れていた。 日本神話の神饒速日命(ニギハヤノミコト)がモデル。

ミトシ

オオドシの娘。ナガスネヒコの姪。幼少の頃よりツノミに想いを寄せていたが、大和纒向(まきむく)の国の後継者として邪馬台国(やまとこく)の皇子イワレヒコを婿とした。イワレヒコとの間に子供をもうけたが、ツノミへの想いは断ち切れず、その後彼の元に身を寄せた。

登場作品

神武

ナムジ(大国主命)の息子ツノミ(賀茂健角身命)がイワレヒコ(神武)に仕え、大和王朝の礎を作るまでを描いた歴史ファンタジー漫画。『ナムジ』の続篇にあたる作品。 関連ページ:神武

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
ツノミ
イワレヒコ
ヒミコ
ワカヒコ
弟ウカシ
logo