ウルフ金串

ウルフ金串

あしたのジョー(漫画)の登場人物。読みは「うるふかなぐし」。矢吹 丈とはライバル関係。

登場作品
あしたのジョー(漫画)
正式名称
ウルフ金串
ふりがな
うるふかなぐし
関連商品
Amazon 楽天

概要

アジア拳所属のバンタム級ボクサー。試合後の控え室で報道陣の見ている前でジョー(矢吹丈)の挑発に乗り、クロスカウンターをくらいダブルKO劇を演じてしまう。その際、丹下ジムがライセンスを取れないのは大高アジア拳会長の反対があるからだと説明され、追い詰められた大高ウルフ金串の名誉挽回のためリング上で再戦させざるを得なくなり、強引に丹下ジムのライセンスを交付させることになる。

その後、8回戦進出を賭けてジョーとの試合に臨む。第2ラウンドに二度のダウンを奪われるが、第3ラウンドではダウンを奪い返し、ジョーのクロスカウンター封じのダブル・クロスカウンターでダウンを奪う。

第4ラウンドではダブル・クロス・カウンターで2度のダウンを奪うが、ジョーのトリプル・クロスカウンターであごを骨折し、KO負けを喫する。この時の負傷が元で引退。ヤクザの用心棒にまで落ちぶれる。

関連人物・キャラクター

矢吹 丈

養護施設育ちの孤児。施設からの脱走を繰り返してきた。優れた身体能力に加えて野性の勘に恵まれ、粗野でケンカっ早く、悪知恵と反骨精神に溢れた不良少年。丹下段平にボクサーの素質を見出されても本気にならず、募... 関連ページ:矢吹 丈

関連キーワード

アジア拳闘クラブ

『あしたのジョー』に登場するボクシングジム。丹下段平と確執のある大高会長が率いる。 関連ページ:アジア拳闘クラブ

登場作品

あしたのジョー

天賦の身体能力と野性の勘を持つ不良少年矢吹丈(ジョー)は流れ着いたドヤ街で、元プロボクサーだった丹下段平と出会う。ジョーの才能を見抜いた段平は執拗にボクシングを教え込もうとするが、ジョーは段平の献身的... 関連ページ:あしたのジョー

SHARE
EC
Amazon
logo