エドアルド・ソルティ

『変奏曲』シリーズ(漫画)の登場人物。別称、エドナン。ニーノ・アレクシス・ソルティとは親族関係にある。

  • エドアルド・ソルティ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
『変奏曲』シリーズ(漫画)
正式名称
エドアルド・ソルティ
別称
エドナン

総合スレッド

エドアルド・ソルティ(『変奏曲』シリーズ)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

1950年生のヴァイオリニストで、のちに指揮者になる。スペインのカタロニア地方出身であり、モントセラト伯爵家の血を引く。幼い頃に主人公ハンネス・ヴォルフガング・リヒターの演奏を聴き感銘を受け、彼の在学するオーストリアのヴィレンツ音楽院へ入学した。音楽評論家ホルバート・メチェックの紹介によりハンネス・ヴォルフガング・リヒターに出会い、友人となる。

アンリエット・リヒターと初対面の際、ハンネス・ヴォルフガング・リヒターの悪口を言ってしまい、彼女を怒らせてしまうが、後にプロポーズし、結婚する。ニーノ・アレクシス・ソルティの父親。

登場人物・キャラクター

いとこであるアレン・フレデリク・リヒターへのコンプレックスや父であるエドアルド・ソルティへの反発心から家出をした。コペンハーゲンで仲間たちと現代音楽の会を開き、演奏を続けている。

登場作品

ハンネス・ヴォルフガング・リヒターは天才音楽家だが、たびたび発作を起こしており、本人も余命わずかなことを悟っていた。彼の演奏に感銘を受け自身も音楽家となったエドアルド・ソルティや、若き評論家ホルバート...