エドワード・エルリック

鋼の錬金術師(漫画)の主人公。別称、エド。アルとは親族関係にある。

  • エドワード・エルリック
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
鋼の錬金術師(漫画)
正式名称
エドワード・エルリック
別称
エド

総合スレッド

エドワード・エルリック(鋼の錬金術師)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

赤いマントを羽織った15歳の金髪の少年。エルリック兄弟の兄。齢12歳にして国家錬金術師の資格を得た類稀なる天才少年で、鋼の錬金術師を名乗る。11歳の時、亡くなった母親を生き返らせるため、錬金術師の禁忌中の禁忌とされる人体錬成を行ったが、結果は失敗。錬成の対価として右腕を失い、さらに弟のアルの魂を呼び戻すために左足を失う。

以来、機械鎧(オートメイル)という義足手を装着している。軍の大佐マスタングは、その重々しい鋼の義手と、彼の12歳とは思えない揺るぎない覚悟を見て、鋼の錬金術師という二つ名を与えた。右腕と左足、そして弟の体を取り戻すために、アルと共に、伝説の秘宝賢者の石を探す旅をしている。

背丈の低さがコンプレックスで、「チビ」と言われると激昂する。

登場人物・キャラクター

西洋風の鎧姿をした錬金術師の少年。エルリック兄弟の弟。兄のエドとともに、亡くなった母親を生き返らせるために錬金術師の禁忌中の禁忌とされる人体錬成を行ったが、結果は失敗。その対価として身体を全て失ったが...

登場作品

世界観舞台となる国アメストリスは人口約5000万人の国家で、首都機能を持つセントラルを中心に、東西南北の各エリアから成っている。地域ごとに気候や風景、生活様式などが異なるのが特徴。各エリアは汽車で結ば...