エバ・ユング・フロン

青のメソポタミア(漫画)の登場人物。別称、エバ。

  • エバ・ユング・フロン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
青のメソポタミア(漫画)
正式名称
エバ・ユング・フロン
別称
エバ

総合スレッド

エバ・ユング・フロン(青のメソポタミア)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

女性言語学者で、博士号を持つ。の調査団に参加し、アダム・サクセス・エ・シュメールらと共に星間飛行機に乗り込む。異星人の会話や文字の分析を担当する。自身を「サバイバル向き」と称する。共にの調査を進めるうち、アダム・サクセス・エ・シュメールに憧れている。

登場人物・キャラクター

惑星エンリルの宇宙開発局に勤務する青年で少尉の位を持つ。王弟の息子で、伯父の星王にいとこのジウドとともに養子に迎えられ王子となる。誰からも次期星王と目されていたが、王位がジウドに継承された。派閥争いを...

関連キーワード

『青のメソポタミア』の舞台となる惑星。高度な文明を持つ惑星エンリルから調査団が派遣された。面積は惑星エンリルよりも小さく、住民の寿命も著しく短い。植民星として有望な環境だったが、ホモ・サピエンスが生息...

登場作品

陰謀によりエンリルの地位を継承できなかったシュメール家の王子アダム・サクセス・エ・シュメールは、新王ジウドとの軋轢を避け、青と呼ばれる惑星への調査団へ参加する。調査団のリーダーは、王族を毛嫌いするカイ...