エマヌエル・シカネーダ

エマヌエル・シカネーダ

マドモアゼル モーツァルト(漫画)の登場人物。

概要

俳優にして劇場支配人、台本作家とマルチな活躍をする人物。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのオペラ『魔笛』の台本を手がける。モーツァルトが病に倒れて、治療した時に女性だという事実を知るが、動じることなく晩年のモーツァルトの新しい作品を援助していく。

実在の人物で、俳優にして劇場支配人であったエマヌエル・シカネーダーがモデル。

関連人物・キャラクター

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

音楽家のレオポルト・モーツァルトの次女で本名はエリーザ。4歳の時にふざけて弾いた即興演奏に天才性に見い出した父に男性として育てられ大音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトとして大成する。自由奔... 関連ページ:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

登場作品

マドモアゼル モーツァルト

1760年、レオポルト・モーツァルトは4歳になったばかりの次女エリーザが即興で弾いた曲に天才性を見い出す。女性は宮廷音楽家になれないことからエリーザを男性として育てる決心をする。それからレオポルトの予... 関連ページ:マドモアゼル モーツァルト

SHARE
EC
Amazon
logo