エミール・フォン・バウアー

エミール・フォン・バウアー

黒騎士物語(漫画)の登場人物。エルンスト・フォン・バウアーとは親族関係にある。

登場作品
黒騎士物語(漫画)
正式名称
エミール・フォン・バウアー
関連商品
Amazon 楽天

概要

ドイツ軍第12装甲軍司令官の陸軍大将。息子三人のうち長男と三男をすでに戦争で失い、次男のエルンスト・フォン・バウアーに家を継がせたいと思っている。そのためエルンストを後方に回そうとするが受け入れられず、後に陸軍参謀長代理として、エルンストに「騎士十字章」を授けることになった。

その後どうなったかは定かではないが、エミール・フォン・バウアーとおぼしき人物が戦後、エルンストの部下だったクルツ・ウェーバーと再会している。

関連人物・キャラクター

エルンスト・フォン・バウアー

ドイツ軍東部戦線第8戦車中隊隊長で、位は中尉。陸軍大将エミール・フォン・バウアーを父親に持つ、1913年1月28日生まれの30歳。家族には、ほかに母親と妹のエンゲがいる。クルツ・ウェーバー着任後のT-... 関連ページ:エルンスト・フォン・バウアー

登場作品

黒騎士物語

1943年、ロシア南部でソビエト連邦軍と戦うドイツ軍東部戦線第8戦車中隊は「黒騎士中隊」と呼ばれ、勇猛な戦いぶりで敵から恐れられていた。すでにドイツ軍が劣勢に転じた中で、中隊長のエルンスト・フォン・バ... 関連ページ:黒騎士物語

SHARE
EC
Amazon
logo