エリオット・S・クエーサー

エリオット・S・クエーサー

TWIN SIGNAL(漫画)の登場人物。読みは「えりおっと・すていしー・くえーさー」。別称、Dr.クエーサー。

登場作品
TWIN SIGNAL(漫画)
正式名称
エリオット・S・クエーサー
ふりがな
えりおっと・すていしー・くえーさー
別称
Dr.クエーサー
別称
エリー坊や
関連商品
Amazon 楽天

概要

年老いた男性ロボット工学者。両親が立ち上げたシンクタンク・アトランダムを、姉のDr.カシオペアとともに継承し、大きくした。シンクタンク・アトランダム総帥。物事にあまり興味を示さず、感情を表に出さない。気難しく、ニヒリストで、ロボットや人間を道具としてしか見ていない。

人々がロボットに求めるのは、「自分に都合の良い存在」だと言い切り、「人間を甘やかすロボットは、いずれ人類を滅ぼす」とまで考えている。作品が後半に入った途端、施設の爆発事故で死んでしまうが、その裏には恐ろしい真実が隠されていた。どんどん人間臭くなる音井ブランドのロボットを嫌うが、ラヴェンダーオラトリオパルスそれぞれのコピーである人間型ロボットのクワイエットクォータークィーンを製作していた。

信彦にとっては、戸籍上は「大叔父」に当たる。

登場作品

TWIN SIGNAL

主人公の少年、音井信彦と、彼の兄として作られた最新型の人間型ロボット、シグナルを描いた、SFロボットコミック。当初はドタバタコメディだったが、途中から数多くのシグナルの兄姉機や、対立するロボットたちが... 関連ページ:TWIN SIGNAL

SHARE
EC
Amazon
logo