エリザベータ・デル・ジョコンダ

ギャラリーフェイク(漫画)の登場人物。別称、リザ。藤田玲司とは親族関係にある。

  • エリザベータ・デル・ジョコンダ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ギャラリーフェイク(漫画)
正式名称
エリザベータ・デル・ジョコンダ
ふりがな
えりざべーたでるじょこんだ
別称
リザ

総合スレッド

エリザベータ・デル・ジョコンダ(ギャラリーフェイク)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

イタリア人の少女で、藤田玲司の隠し子と称して日本にやってくる。初登場は「ジョコンダの末裔」。母親のフローラは、13年前藤田がヨーロッパで無銭旅行中に、ローマで二週間同居した女性。母が死に、その遺言に従って遺品を持って藤田のもとを訪れた。子供のくせにビールが好き。

「モナ・リザ」のモデルの秘密をめぐる暗闘に巻き込まれ、誘拐されフィレンツェに連行されるが、藤田カルロスに救出される。その後藤田が引き取り東京で暮らしていたが、ホームシックでイタリアに戻った際、偶然オペラ歌手のパパロッティにソプラノの声を認められ、北イタリアのボローニャにあるG・G・マンティーニャ音楽院に通うこととなる。

登場人物・キャラクター

30代後半と見られる中年男。美術に関する尋常でない知識と人並み外れた観察力、そして神技に近い絵画修復技能を持つ。表向きは贋作・レプリカ専門の画廊ギャラリーフェイクの経営者で画商だが、裏では犯罪組織・闇...

登場作品

藤田玲司は、贋作・レプリカ専門の画廊ギャラリーフェイクのオーナー。彼は美術に関する尋常でない知識と観察力、そして天才的な絵画修復技能を持つ男だが、裏では闇社会と通じ、盗品などの正規に扱えない真作を法外...