エルサ・シュティングハイム

エルサ・シュティングハイム

狼と香辛料(漫画)の登場人物。別称、エルサ。

登場作品
狼と香辛料(漫画)
正式名称
エルサ・シュティングハイム
ふりがな
えるさしゅてぃんぐはいむ
別称
エルサ
関連商品
Amazon 楽天

概要

テレオの村で、亡きフランツ司祭から教会を受け継いだ少女。村の青年・エヴァンとは恋仲。助祭の資格しか持っていおらず、フランツ司祭の生前の根回しにより立場を保たれていたが、近隣の町・エンベルクの教会から併合を狙った工作を受け、異端者の疑いをかけられる。フランツ司祭が収集していた異教の神の伝承を求めて訪れたロレンスホロによって村から脱出するが、自ら村に戻り身の潔白を示した。

後に、エヴァン、ル・ロワと旅に出て、レノワでロレンス達と再会する。

登場作品

狼と香辛料

中世から近世ヨーロッパに近い世界を舞台に、少女の姿をとっているがかつては神と崇められた巨大な狼であるホロと、行商人の青年・ロレンスが出会い、共に旅をしながら各地で商業にまつわる陰謀に関わっていく。原作... 関連ページ:狼と香辛料

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
クラフト・ロレンス
ホロ
ノーラ・アレント
トート・コル
キーマン
集団・組織
正教会
ローエン商業組合
場所
logo