• 死化粧師 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • エンバーミング

エンバーミング

エンバーミング

登場作品
死化粧師(漫画)
正式名称
エンバーミング
ふりがな
えんばーみんぐ
関連商品
Amazon 楽天

概要

遺体のやつれや損傷を生前の姿に修復し、防腐、殺菌処置を施す技術のこと。遺体衛生保全術ともいう。遺体を洗浄して体表面の消毒を行い、肩などを小切開して動脈から防腐液を注入し、血液と交換する。再び遺体を洗浄したあと必要であれば修復し、服を着せ、化粧をして終了。本場アメリカと違い、日本では薄化粧が好まれる。一度処置された遺体は、安らかな姿を保ち続ける。

日本ではエンバーミング後、3~10日で火葬にする場合が多い。遺体の約65パーセントには肝炎、肺炎などが認められるため、感染防止として施されるケースがある。

登場作品

死化粧師

間宮心十郎は、エンバーミングを生業とするエンバーマー。不慮の事故などで亡くなった人の身体の欠損部を生前の姿にし、防腐、殺菌処置を施す遺体の衛生保全をしている。米国でエンバーミングを学び、帰国後に知り合... 関連ページ:死化粧師

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo