エンリコ・マクスウェル

HELLSING(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
HELLSING(漫画)
正式名称
エンリコ・マクスウェル

総合スレッド

エンリコ・マクスウェル(HELLSING)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

ヴァチカン特務局第13課イスカリオテ機関(第13課)の局長。人当たりの良さそうな人物に見えて、内面はカトリック信者以外は豚以下と見下している狂信者。傲慢で上昇意欲が強く、「神の力」に酔っている部分がある。ナチスの残党組織ミレニアムとの闘争に入った英国の特務機関・王立国教騎士団を支援するかのような動きを見せるが、その実、「横合いから殴りつける」機会をうかがっていた。

ミレニアムが、吸血鬼部隊による対英上陸戦「第二次ゼーレヴェ作戦」を開始すると、第九次十字軍を率い「英国を異端と化物から奪還」すべく、「熱狂的再征服(レコンキスタ)」を発動する。

初登場時の位階は司教だったが、第九次十字軍の参陣に伴い、大司教へと昇進している。幼い頃、アレクサンド・アンデルセンの孤児院で育ったという過去を持つ。

登場人物・キャラクター

「神の代理人」「神罰地上代行者」と自認する、ローマ法王庁の非公式特務実行部隊。ローマ法王庁唯一にして最大の戦力で、聖別済みの武器で武装した、悪魔退治・異教弾圧・異端殲滅のプロフェッショナル。本来は存在...

登場作品

主人公の吸血鬼アーカードは、英国の特務機関・王立国教騎士団(通称・HELLSING)に所属する、化物退治のエキスパート。HELLSING局長インテグラの命に従い、英国を脅かす化物達を狩っていた。英国で...