エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル

エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル

ネギま!?neo(漫画)の登場人物。別称、エヴァ。

登場作品
ネギま!?neo(漫画)
正式名称
エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル
別称
エヴァ
関連商品
Amazon 楽天

概要

麻帆良学園に通う女子高生だが、その正体は「闇の福音(ダーク・エヴァンジェル)」「人形使い(ドール・マスター)」「不死の魔法使い(マガ・ノスフェラトゥ)」など数々の異名をもつ吸血鬼の真祖。ネギの父親であるナギに敗北し、「登校地獄(インフェルヌス・スコラスティクス)」の呪いをかけられたことから、麻帆良学園に通わされることになった。

ネギの血を吸うことで真の力を取り戻し、呪いを破ろうと画策するが、あと一歩のところで明日菜の加勢もあって敗北。以後はクラスにも顔を見せるようになり、さらなる強さを求めるネギの師匠のような存在として、その指導を行うことになる。従者として契約を交わしている絡繰茶々丸のことは、ただのロボットとして下僕扱いしているが、本心では初めて出来た友達として大切に想っている。

登場作品

ネギま!?neo

母国の魔法学校を主席で卒業した駆け出し魔法使いである主人公・ネギ・スプリングフィールドは、最終課題として日本の麻帆良学園2年A組の担任教師として赴任する。神楽坂明日菜をはじめとする個性豊かな生徒達と出... 関連ページ:ネギま!?neo

SHARE
EC
Amazon
logo