エーリク・フォン・フリューリンク

トーマの心臓(漫画)の主人公。別称、エーリク・フリューリンク。

  • エーリク・フォン・フリューリンク
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
トーマの心臓(漫画)
正式名称
エーリク・フォン・フリューリンク
別称
エーリク・フリューリンク

総合スレッド

エーリク・フォン・フリューリンク(トーマの心臓)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

『トーマの心臓』の主人公のひとり。シュロッターベッツ高等中学高等部一年の生徒。14歳。トーマ・ヴェルナーの死の半月後、ケルンから入学してきた。それまではずっと家庭教師に勉強を習っていたため、学校生活の経験がない。トーマによく似た面差しを持つ。特技はフェンシング。いわゆるマザー・コンプレックス的な傾向が強く、母マリエは自分がいなくてはいけないと思い込んでいる。

傍若無人に振舞うが、内面は繊細。寮は初め6人部屋だったが、オスカー・ライザーと入れ替えでユリスモール・バイハンと同室になり、同時に舎監の役も務めることになった。

登場人物・キャラクター

『トーマの心臓』の主人公のひとり。シュロッターベッツ高等中学高等部一年の生徒。14歳。クラス委員で図書委員、成績トップ。寮で同室のオスカー・ライザーと共に、中等部四年と一年の寮であるヨハネ館で舎監を務...

関連キーワード

西ドイツノルトバーデン地方の中高一貫の全寮制男子校。

登場作品

雪の日、シュロッターベッツ高等中学の生徒トーマ・ヴェルナーが陸橋から転落死した。悲しむ生徒たちに、事故であったという発表が告げられるが、クラス委員で舎監のユリスモール・バイハンの元に届いた、生前のトー...