概要

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン』に登場する敵スタンド使い。スティール・ボール・ランレースの参加者だが、正体はネアポリス王国の爆弾テロリスト。ファニー・ヴァレンタインの命令で聖なる遺体のありかを探る一方、ジャイロ・ツェペリの親子と因縁があり、彼をレースの中で殺害しようとした。

アリゾナ砂漠で悪魔の手のひらを通ったためにスタンド使いとなる。発現したスタンド「ボクのリズムを聴いてくれ(Oye Como Va)」は、触れたものをピン付きの爆弾に変えることのできる能力。一度に複数の爆弾をセットすることが可能なうえ、蜂などの生物や水、空気までも爆弾にすることができる。

しかしジョニィ・ジョースタージャイロ・ツェペリの連携で顔面に鉄球をくらってリタイア。

関連キーワード

悪魔の手のひら

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン』に登場する、特殊な土地。アリゾナ砂漠に存在するとされるが、その土地自体が移動しているため、いつ、どこに現れるかはわからない。その場所を通った多くの者は死亡するが、生還した者は未知なる力が引き出されてスタンドが発動する。

登場作品

ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン

『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第7部となる作品。前作で「宇宙が一巡」したため、今作からはパラレルワールドの世界となっており、主人公がこれまでのジョースター家と血縁関係の無い、新たな物語となっている... 関連ページ:ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン

SHARE
EC
Amazon
logo