オオタ・ナオヤ

わたしは真悟(漫画)の登場人物。

  • オオタ・ナオヤ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
わたしは真悟(漫画)
正式名称
オオタ・ナオヤ

総合スレッド

オオタ・ナオヤ(わたしは真悟)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

『わたしは真悟』に登場する、産業用ロボット4­5号の制作者。ロボットは納入先の豊工業モンローと呼ばれ、自我が芽生えて真悟を名乗る。東京コンピューター研究所]で、ロボットに農機具の部品を作るようプログラムしたはずなのに違う部品を作っていることを知り、ブラックボックスが仕組まれていることを疑う。

行方不明となっていた4­5号を処分するために、仲間2人と回収に向かう。各部品を回収し、最終的に新潟の港でメインアームを発見して再び組み立てるが、すでに知性はなかった。

登場人物・キャラクター

『わたしは真悟』に登場する、さとるの父親が働く豊工業の産業用ロボット。主人公の一人。床にネジで固定され、センサーとハサミ型アームで組立作業をする。豊工業ではマリリン・モンローの写真を貼られ、モンローの...

関連キーワード

『わたしは真悟』に登場する、産業用ロボット4­5号を制作した研究所。農機具の部品を組み立てるようプログラミングした4­5号は、町工場の豊工業で違う部品を組み立てていた。ブラックボックスが仕組まれたこと...

登場作品

1982年、豊工業という都内の町工場でモンローという愛称の産業用ロボットが、自我に目覚める。モンローは結婚を誓った小学生2人の子どもだと思い込み、両親である近藤悟と山本真鈴の名前から1字ずつ取って、自...