オオドシ

ナムジ(漫画)の登場人物。別称、大年。スセリ、スサノオとは親族関係にある。

  • オオドシ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ナムジ(漫画)
正式名称
オオドシ
ふりがな
おおどし
別称
大年
別称
ニギハヤヒ
別称
大物主命

総合スレッド

オオドシ(ナムジ)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

スサノオの三男。スセリの兄。頭脳明晰で度量もあり、父スサノオにも頼りにされていた。スサノオの軍に同行し、九州に攻め入ったが、邪馬台(やまと)の女王ヒミコに心を奪われた父を見限り、手勢を率いて、奈良盆地のヤマト勢力と戦っていたナムジの軍勢に合流した。

戦に勝利したナムジオオドシだったが、オオドシは宥和政策をとり、ヤマトの族長の妹三炊屋姫(みかしぎひめ)を妻にめとり、ヤマトの王となった。この時、名をニギハヤヒと改めた。日本神話の神饒速日命がモデル。

登場人物・キャラクター

スサノオの末子。於投馬(いずも)を支配している布都族(ふつぞく)の後継者。気丈な性格で、鉱山にいたナムジを馬屋番として採用する。遠乗りに出かけところをエミシに襲われたが、ナムジに助けられる。これがきっ...
於投馬(いずも)の大王。イザナミ、イザナギの息子。スセリ、イタケル、オオドシ、イワサカらの父。その先祖は韓国(からくに)からやってきたと伝えられる。木次(キツギ)のオロチを斬って於投馬の支配権を確立し...

関連キーワード

『ナムジ』に登場する国。徐福の子孫・秦族が建てた国で纒向を本拠とする。筑紫の地の邪馬台国(やまとこく)から分かれてできた国。ナムジとオオドシの率いる於投馬(いずも)と戦ったが、卜占に従って降伏した。族...

登場作品

2世紀後半の日本。孤児であるナムジは於投馬(いずも)の鉱山に送られ、倭人の刺青(さしずみ)を入れられ、たくましく成長する。於投馬の大王スサノオの娘スセリの馬番となったナムジは、エミシから彼女を救ったこ...