オクタヴィア

我が名はネロ(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
我が名はネロ(漫画)
正式名称
オクタヴィア
フリガナ
オクタヴィア

総合スレッド

オクタヴィア(我が名はネロ)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

『我が名はネロ』に登場するネロの最初の妻。前皇后メッサリナの娘。政略結婚であったため、夫婦の営みは皆無。後に石女であることを理由に離縁され、追放先で自決させられる。最後に謀叛した(史実ではネロの死後、帝位を奪ったガルバを殺害し皇帝となるが、3ヶ月後に内戦に敗れて自決する)。歴史上の実在の人物、クラウディア・オクタウィアがモデル。

登場作品

紀元54年のローマ帝国。主人公ネロの母アグリッピーナは再婚相手である第4代皇帝を暗殺し、連れ子のネロを第5代皇帝の座へと押し上げる。凡庸な自称芸術家のマザコン青年にすぎなかったネロは、哲人セネカの薫陶...