カオス

カオス

MADARA ギルガメシュ・サーガ(漫画)の主人公。別称、夏凰翔。

登場作品
MADARA ギルガメシュ・サーガ(漫画)
正式名称
カオス
ふりがな
かおす
別称
夏凰翔
関連商品
Amazon 楽天

概要

『MADARA ギルガメシュ・サーガ』の主人公のひとり。マダラの眷属で、赤の戦士ユダヤと対を為す二天童子・青の戦士。白い髪の青年。冷静沈着。優しさと残酷さを併せ持つ性格。親友・ユダヤとは従兄弟にあたる。ホウライ国の王子という出自を持つ。かつて金剛国のミロク帝に自らの左半身を人質として差し出し、バイオギミックをその代わりにつけているため、半機械人と言われることも。

マダラと共に金剛国のミロク帝を倒した戦いの後(『魍魎戦記MADARA』)、建国した千年王国をロキに譲り、旅に出る。その後ジャミラと結婚、一子アレクサンドールをもうけ隠遁生活を送っていた。しかしユダヤと再会したことで、マダラを探す時空を超えた旅に出ることを決意する。

エデンにおいては王位継承権を持つ二つの家柄の一つ「ニュクス家」に養子として入り、国政に参与している。しかしマダラの転生であるエデンの王・デューマダラとして目覚めるのを拒否したことから、自ら真王となる野心にとり憑かれ、マダラユダヤを敵に回しても世界を手に入れようと画策し始める。

そしてアレクサンドリア領内のかつてホウライ国のあった地ニルヤに残されていた自らの左半身を手に入れ完全体になると、「ホウライ王国」の建設を宣言した。多くの人間を殺した罪を負ったまま転生の門をくぐったため、その罪を雪ぐためには「愛する者に七度殺されなければならない」という呪いを背負っている。

登場作品

MADARA ギルガメシュ・サーガ

宿敵ミロクを追い転生したマダラを探し、様々な世界を旅するカオスとユダヤ。彼らを縛る悲劇的な宿命と戦いを描くファンタジー・バトルもの。登場人物が108回の転生を繰り返して戦う設定のファンタジー『魍魎戦記... 関連ページ:MADARA ギルガメシュ・サーガ

SHARE
EC
Amazon
logo