カスカベ博士

カスカベ博士

ドロヘドロ(漫画)の登場人物。読みは「かすかべはかせ」。別称、先生。

登場作品
ドロヘドロ(漫画)
正式名称
カスカベ博士
ふりがな
かすかべはかせ
別称
先生
別称
ヘイズ
関連商品
Amazon 楽天

概要

魔法使い研究に余念のない医者。魔法使いによって少年の姿に変えられてしまったが実年齢は60歳ほど。魔法使いの能力や世界に並々ならぬ興味を持っており、その研究はもはや彼の生き甲斐となっている。魔法使いであるハルを妻に持っているが現在は別居中。魔法使いの死体を使ってホールと魔法使いの世界をつなぐドアや、ゾンビを造り上げたりする。

煙ファミリーの一員であるに、かつて魔法が使える手術を施した事がありは彼を恩人として慕っている。

関連人物・キャラクター

煙ファミリーメンバーの一人で煙にとって邪魔な相手を殺害する掃除屋。生きたまま何でもバラバラにする魔法を操る。武器は釘抜き付きのハンマーで、基本的には魔法を使わずに処理していく。強い者と戦う事を生き甲斐... 関連ページ:

関連キーワード

ホール

『ドロヘドロ』に登場する街。魔法使いたちが住む世界に繋がる、人間たちが住む街。魔法使いたちがしばし訪れ、人間達を自分の実験台として魔法をかけていく。そのためにカイマンのように異形と成り果てた者たちが多... 関連ページ:ホール

登場作品

ドロヘドロ

トカゲの頭を持つ、記憶喪失の男カイマンと彼のパートナーである二階堂は、彼の頭をトカゲの姿に変えた魔法使いを探し出すために毎晩のようにホールと呼ばれる魔法使い達の実験場と化した町で、そこに現れた魔法使い... 関連ページ:ドロヘドロ

SHARE
EC
Amazon
logo