カッパイ

カッパイ

妖怪番長(漫画)の登場人物。別称、二代目河童。

登場作品
妖怪番長(漫画)
正式名称
カッパイ
ふりがな
かっぱい
別称
二代目河童
関連商品
Amazon 楽天

概要

『妖怪番長』の登場する妖怪。元は女子プロレスラーだったが百騎蝦蟇に殺された後、先代河童の霊力により二代目河童として再生した。手足の先端が硬質化し水かきを持つ以外は、人間だった頃と同じ外観をしている。水の上を歩くこともできる。百騎蝦蟇を「チーム巫鎖呱」(みさこ)が倒した後に彼女たちの仲間となった。

その際、「オッパイの大きな河童」ということで墓場巫子に「カッパイ」という名をつけられてしまう。「女子プロレスラー」だった頃からのポリシーにより、まず相手の攻撃をあえて受けたのち何倍にもして返す戦闘スタイルを好む。闘いに一番必要なものは「闘魂」であるという信念の持ち主である。墓場巫子たちが一時転校した山奥の学校の先生(コイちゃん)は彼女の妹である。

登場作品

妖怪番長

特別な能力を持つ小学生女子の墓場巫子、墓石鎖子、古井戸狐子の3名が殺人妖怪と戦うバトル漫画。 関連ページ:妖怪番長

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
墓場 巫子
墓石 鎖子
古井戸 呱子
木場 ヤスオ
河童
集団・組織
チーム巫鎖呱
月日学園
logo