カテリーナ・スフォルツァ

トリニティ・ブラッド(漫画)の登場人物。別称、カテリーナ。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
トリニティ・ブラッド(漫画)
正式名称
カテリーナ・スフォルツァ
ふりがな
かてりーなすふぉるつぁ
別称
カテリーナ

総合スレッド

カテリーナ・スフォルツァ(トリニティ・ブラッド)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

教皇庁国務聖省長官で、教皇庁ミラノ領領主。ローマ教皇のアレッサンドロ十八世は母親違いの弟である。吸血鬼を狩る側の高官でありながら、吸血鬼の国・真人類帝国に接触を図るなど、かなりの策略家。そのため、吸血鬼のみならず人間からも命を狙われることが多い。

特務分室に所属する派遣執行官たちの直属の上司であり、彼らへの信頼は厚い模様。膠原病に冒されており、余命いくばくもない。

登場作品

大厄災のあと、突如現れた吸血鬼。人類は、彼らと長い闘争を繰り返して来た。自由都市イシュトヴァーンの教会で育てられたエステルは、この街を支配する吸血鬼のバビロン伯ジェラを倒すための活動を続けていた。そこ...