カトリーヌ・ルノーダン

カトリーヌ・ルノーダン

栄光のナポレオン-エロイカ(漫画)の登場人物。別称、カトリーヌ。

登場作品
栄光のナポレオン-エロイカ(漫画)
正式名称
カトリーヌ・ルノーダン
別称
カトリーヌ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ジャーナリスト・ベルナール・シャトレの家に居候することになった若い女性。ジョゼフ・フーシェによって送り込まれたスパイ。実はジョゼフ・フーシェに恨みを持ち、復讐の機会を狙っている。ベルナール・シャトレの盟友アラン・ド・ソワソンと想い合うようになるが、思想の違いが元で別れ、タレイラン・ペリゴールと結婚する。

関連人物・キャラクター

ベルナール・シャトレ

パリ在住のジャーナリスト。王侯貴族に対する憎しみが強く、筋金入りのジャコバン派。妻ロザリー・シャトレの支えを受けながら反骨の記事を書き続け、ジョセフ・フーシェから警戒されていた。ナポレオン・ボナパルト... 関連ページ:ベルナール・シャトレ

アラン・ド・ソワソン

貧乏貴族出身の衛兵隊士官。王党派の反乱(ヴァンデミエールの反乱)の際に国内軍の副官として総指揮を執るナポレオン・ボナパルトに出会い、彼とともに各地を転戦し、側近となる。筋金入りのジャコバン派で、ジャー... 関連ページ:アラン・ド・ソワソン

ジョゼフ・フーシェ

実在の政治家ジョゼフ・フーシェがモデル。初登場時36歳。「サン・クルーの風見鶏」とあだ名された政治家。情報網と権謀術数、変節漢ぶりで激動の時代を潜り抜けている。バラスによってナポレオン・ボナパルトに引... 関連ページ:ジョゼフ・フーシェ

登場作品

栄光のナポレオン-エロイカ

革命期のフランス。(1795年)、首都パリで王党派の反乱(ヴァンデミエールの反乱)が勃発。時の権力者ポール・バラスは国内軍総司令官として、ナポレオン・ボナパルトを副官に起用する。ナポレオン・ボナパルト... 関連ページ:栄光のナポレオン-エロイカ

SHARE
EC
Amazon
logo