カムイ

カムイ伝(漫画)の主人公。別称、鏡 隼人。

  • カムイ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
カムイ伝(漫画)
正式名称
カムイ
別称
鏡 隼人

総合スレッド

カムイ(カムイ伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

日置藩夙谷で生まれた非人の双子の兄。やはりカムイと呼ばれていた弟が若くして死ぬと現れた。非人の身分を嫌い、剣の道を志すが、公儀隠密に誘われ、下忍となる。しかし、抜忍となった師匠の赤目を追ううちに、しだいに自分の境遇に疑問を抱くようになる。そして、日置藩の秘密を知ったことを機に抜忍の道を選んだ。

若い頃から、正助草加竜之進たちと、何度も人生を交錯させている。日置藩に現れた怪剣士の鏡隼人は、カムイの変装。

登場人物・キャラクター

公儀隠密団の一員。下忍となったカムイの師匠。しかし抜忍となり、カムイに追われるようになる。わざと罪を犯し、流人となって追手を振り切った。流人船の難破により房総に漂着すると、やはり漂着した流人の夢屋七兵...

関連キーワード

七万石の外様の小藩。藩主の日置弾正は暗愚であり、藩政は目付けの橘軍太夫に壟断されている。苛斂誅求に喘ぐ百姓たちが、何度か一揆を起こしている。徳川家康の秘密を握っており、それを暴くために多数の公儀隠密が...
日置藩にある非人部落。カムイの生まれた場所。一揆に失敗した玉手村の百姓の苔丸が、名前を変えて住み着き、花巻村の正助に協力した。また、草加竜之進と笹一角が潜んでいたこともある。
『カムイ伝』に登場する必殺技。カムイの使う刀法。素早い体捌きを使用しながら、背後に隠した刀を繰り出す。アテナの薙刀の技を参考にして編み出した。

登場作品

江戸時代の日置藩。夙谷の非人部落に生まれ、公儀隠密の下忍になりながら、抜忍の道を選ぶカムイ。花巻村の百姓の中でも最下層の下人から、身を起こし、やがて一揆のリーダーとなる正助。日置藩の次席家老の嫡男だっ...