カヤシマ・M・イヅミ

カヤシマ・M・イヅミ

テンペスト(漫画)の登場人物。

登場作品
テンペスト(漫画)
正式名称
カヤシマ・M・イヅミ
関連商品
Amazon 楽天

概要

特務研究局の局員。K-10Rのオペレーションシステムをバージョンαにアップグレードするほどの優秀なエンジニアだったが、アップグレードをともに担当した妻が「K-10Rα」の完成を目前にして死亡、半ば自棄になって特務研究局に志願したという過去を持つ。

関連キーワード

特務研究局

『テンペスト』に登場する組織。月小路霧江を局長とする福祉科学省の下部組織。今後最短50年で発生する女性消失を回避するため、SRY遺伝子の持ち主である男性を新たに作り出すという特務を受け、ゲノム操作のエ... 関連ページ:特務研究局

登場作品

テンペスト

21世紀に発生した男性消失により人類社会が女性のみで構成されるようになった西暦3992年、この世で唯一の男性として生を受けた安斎・Y・姫は、男性であることが原因となり、幼なじみの伊集院・R・皇と破局に... 関連ページ:テンペスト

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
安斎・Y・姫
伊集院・R・皇
月小路 霧江
ビビエン・優里
ナナセ・N・マナミ
看守
集団・組織
特務研究局
場所
隔離施設
イベント・出来事
サキュバス
その他キーワード
男性消失
女性消失
K-10R
logo