カリナ

カリナ

地球へ…(漫画)の登場人物。トォニィとは親族関係にある。

登場作品
地球へ…(漫画)
正式名称
カリナ
関連商品
Amazon 楽天

概要

本人たっての希望によりミュウの中では初めて妊娠・出産をした女性。惑星ナスカトォニィを産む。ジョミー・マーキス・シンを敬愛している。

関連人物・キャラクター

トォニィ

惑星ナスカで、母体から産まれた初めての子ども。3歳の時、事件により昏睡状態に陥るが、目覚めたときには12歳の肉体に成長し、その後も著しい成長を続けた。強力なESP能力を持ち、ジョミー・マーキス・シンを... 関連ページ:トォニィ

ジョミー・マーキス・シン

育英都市アタラクシア出身で、潜在的に能力を持つミュウ。過去の記憶を消し洗脳する成人検査の最中にミュウたちに助けられ、新しい長ソルジャー・シンとなる。その強いESP能力で仲間たちを率いて、コンピュータが... 関連ページ:ジョミー・マーキス・シン

関連キーワード

ナスカ

『地球へ…』の舞台のひとつ。ミュウたちが占領した惑星。赤くて大きな太陽がふたつある星。ここで妊娠により母親の胎内から7人のミュウが産まれた。 関連ページ:ナスカ

ミュウ

『地球へ…』に登場する人種。超能力を持つ人を指す。ミュウは迫害の対象で、成人検査で能力が発覚した子どもは抹殺されてしまう。 関連ページ:ミュウ

登場作品

地球へ…

地球を死の星へと変えてしまった人類は宇宙に移住を始めた。地球(テラ)を守るため、コンピュータによる徹底した生命管理が行われており、子どもは試験管から産まれ、血縁のない両親に育てられる。14歳になると成... 関連ページ:地球へ…

SHARE
EC
Amazon
logo