カルナバルが終ったら

カルナバルが終ったら

天使のツラノカワ(漫画)に登場する阿木龍世の処女小説。読みは「かるなばるがおわったら」。

登場作品
天使のツラノカワ(漫画)
正式名称
カルナバルが終ったら
ふりがな
かるなばるがおわったら
関連商品
Amazon 楽天

概要

龍世自身の体験を元にした小説で、映画化、舞台化されている。冷たくあしらった女性に自分の部屋で自殺され、ノイローゼになり死に場所を探しにブラジルへ旅立つ。行く先々で様々な人と出会い、やがてカーニバルの熱気に魅了されて行くというストーリー。

登場作品

天使のツラノカワ

敬虔なクリスチャンだった篠原美花は神を信じて慎ましく生きてきた。しかし恋人の浮気、けが、空き巣などのさんざんな目に遭い、神様はいないこと悟る。そんな美花の前に現れた龍世、紫生、沙羅の3人の男女によって... 関連ページ:天使のツラノカワ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
天使のツラノカワ
logo