カルロス・サンターナ

カルロス・サンターナ

キャプテン翼 ワールドユース編(漫画)の登場人物。大空翼とはライバル関係。

概要

幼少より「神の子」と呼ばれるサッカーセンスの持ち主だったが、養い親が亡くなってからは、一切の自由を奪われサッカー教育のみ受けることになる。長じてサッカーサイボーグと呼ばれるプレイヤーとなったが、CRフラメンゴ所属時代にサンパウロFC所属の大空翼と対戦。

サッカーのおもしろさや、ボールはともだちであることを思い出す。ジュニアユース大会ブラジル代表としても選出され、チームの中心的役割を果たす。

関連人物・キャラクター

大空翼

ブラジルのサンパウロFCに所属し、ロベルト本郷に師事。ワールドユース大会日本代表に選ばれ帰国した。ロベルト本郷の本格的指導でブラジル流サッカー技に磨きをかけており、誰よりもワールドユース大会で日本が優... 関連ページ:大空翼

登場作品

キャプテン翼 ワールドユース編

中学卒業と同時にイタリアに渡った葵新伍の姿を追う、『太陽王子(プリンチベ・デル・ソーレ) 葵の章』、ブラジル・サンパウロFCで戦う大空翼と、新たなライバル・カルロス・サンターナとの戦いを描く『サッカー... 関連ページ:キャプテン翼 ワールドユース編

SHARE
EC
Amazon
logo