カレー戦争

カレー戦争

包丁人味平(漫画)で描かれた一種の企業間競争。

登場作品
包丁人味平(漫画)
正式名称
カレー戦争
ふりがな
かれーせんそう
関連商品
Amazon 楽天

概要

東京郊外・ひばりヶ丘駅の北口と南口に同時期に開店することになった2つのデパート、白銀屋(北)と大徳デパート(南)。その勝敗を分けるものとして選ばれたのが店内のテナントレストランで提供するカレーであった。白銀屋が招き入れたのは、全国チェーンを展開せんとする本格インドカレー店「インド屋」。

それに対抗して大徳デパートが迎えたのが塩見味平であった。両者はさまざまな新メニューや価格闘争を交えながら激しくぶつかっていく。

登場作品

包丁人味平

未熟だが才気ある若手料理人・塩見味平が、洋食、日本食、カレー、ラーメンなど、さまざまな料理勝負を通じて、成長していく物語。原作は牛次郎。題材としてグルメ/料理を扱った初めての長編漫画であり、料理バトル... 関連ページ:包丁人味平

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
包丁人味平
logo