カンタレッラ

カンタレッラ

ヴァムピール(漫画)の登場人物。別称、魔女。

登場作品
ヴァムピール(漫画)
正式名称
カンタレッラ
ふりがな
かんたれっら
別称
魔女
別称
大魔女
関連商品
Amazon 楽天

概要

『ヴァムピール』に登場する化け物。ヴァムピール。死亡した北杜笙の体に入り込み、肉体を共有する。黒髪のウエーブで、深い緑の瞳を持つ彫りの深い妖艶な美女の姿で現れる。負の気オド(生命流動体)を持つ者の前に現れ、「あなたすてきよ」と言って、オドを喰らう。ヴァムピールの中でもランクが高い能力者。男爵には魔女大魔女と呼ばれている。

肉体の持ち主、北杜笙の言いなりになっており、他の仲間から心の病ではないかと言われている。

関連人物・キャラクター

ヴァムピール

『ヴァムピール』に登場する化け物の名前。彼らは血ではなく、人間の負の気オド(生命流動体)を喰らう。生気を吸い取られることから、古来の人は彼らを吸血鬼と呼んだ。普段は形を持たない霊体。死人に入り込み同化... 関連ページ:ヴァムピール

北杜 笙

資産家の令嬢。物静かで近寄りがたく、町でも評判の美人だったが、17歳の時に父親が無理心中を図り、死亡。カンタレッラという化け物・ヴァムピールと同化し、肉体を共有する。何年たっても外見は17歳のまま。無... 関連ページ:北杜 笙

登場作品

ヴァムピール

ヴァムピールは人の負の気を喰らう化け物。その昔、吸血鬼と呼ばれていた。ヴァムピールが一旦体内に入ったことで特殊な能力を持った半死人、水沫伶と、すでに死んでいるものの、ヴァムピールと肉体を共有することで... 関連ページ:ヴァムピール

SHARE
EC
Amazon
logo