カンディド・アマンティーニ

SARU(漫画)の登場人物。

  • カンディド・アマンティーニ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
SARU(漫画)
正式名称
カンディド・アマンティーニ

総合スレッド

カンディド・アマンティーニ(SARU)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

バチカンの公式エクソシストを務める中年の男性。“悪魔憑き”とされたイレーヌ・ベアールと接触し、それ以来“”の謎と世界に迫りつつある危機と対峙することになる。彼女との対面の翌日、彼女を保護していたサベーリョという男性が行方不明となったことから、彼女をバチカンで保護することになり、以後行動を共にするようになる。

バチカンからの命を受け、イレーヌの予言とも取れる導きのもとにアフガニスタンへと向かい、そこでナワン・ナムギャル辺見奈々に出会う。

登場人物・キャラクター

ブータンで僧侶をしている青年。伝統ダンスの名手としての一面もある。国際ダンスビエンナーレのゲストとしてフランスのアングレームに赴き、そこで辺見奈々と出会う。初対面にも関わらず、奈々にかけられた黒魔術や...
不気味な雰囲気の漂う幼い少女。フランスのパリで、暗殺団によって引き起こされた交通事故に遭い両親を失う。彼女自身は一命を取り留めたものの、“悪魔憑き”とされ、イタリアのエクソシスト、カンディド・アマンテ...

登場作品

時は現代。イタリアのエクソシスト、カンディド・アマンティーニは謎の神父サベーリョの依頼で、とある“悪魔憑き”とされた少女イレーヌ・ベアールと面会する。彼女は自らを孫悟空と名乗り、古今東西に伝わる謎の生...