カール・ハインツ・シュナイダー

カール・ハインツ・シュナイダー

キャプテン翼(漫画)の登場人物。

登場作品
キャプテン翼(漫画)
正式名称
カール・ハインツ・シュナイダー
関連商品
Amazon 楽天

概要

ジュニアユース大会の西ドイツ代表で、若林源三とはハンブルグ時代のチームメイト。ジュニアユース大会前に、バイエルンへプロ契約での移籍を決めている。FWだが、すぺてのポジションをこなせる才能ゆえ、若き皇帝と呼ばれる。必殺シュートのファイヤーショットは、摩擦力で実際にボールがくすぶっている。

若林源三からは、ペナルティエリア外から2度に1度はゴールを奪える。しかし彼自身、若林源三をライバルとして認めており、ジュニアユース大会では、何度もシュートを止められている。

関連人物・キャラクター

若林 源三

修哲小学校のサッカー部キャプテンで、大空翼の最初のライバル。南葛市の選抜チーム南葛FCの一員にも選ばれて、優勝に貢献する。ペナルティエリア外からのゴールは必ず止めるというGKで、大空翼や日向小次郎もそ... 関連ページ:若林 源三

登場作品

キャプテン翼

世界観『キャプテン翼』は従来のスポーツ漫画ではあまり見られなかった、サッカー(スポーツ)の楽しさやサッカーの魅力を伝えることに重点が置かれている。主人公・大空翼の「ボールは友達」という言葉がこのコンセ... 関連ページ:キャプテン翼

SHARE
EC
Amazon
logo