カール・レーベンドルフ

カール・レーベンドルフ

ヴイナス戦記(漫画)の登場人物。別称、レーベンドルフ。グートルーネとは親族関係にある。

登場作品
ヴイナス戦記(漫画)
正式名称
カール・レーベンドルフ
別称
レーベンドルフ
関連商品
Amazon 楽天

概要

イシュタル執政官(コンスル)。72年、自治州拡大評議会のアフロディア制裁の決議を受け自治州の東南部に戦争状態を宣言し、イシュタル・アフロディア間の戦争は本格的な戦闘に展開してゆく。戦後、戦争の英雄である政敵クラウス・ワルデマル上級大将を罠に陥れ命を奪うが、茶番であったはずのワルデマル追悼の特別演説の席で何者かによって暗殺される。

関連人物・キャラクター

グートルーネ

愛人 ラドー大佐と結託し、イシュタル執政官である夫カール・レーベンドルフと政敵ワルデマル上級大将を暗殺し、次期執政(コンスル)の座を得る。愛人であり腹心の協力者ラドー少佐すら、ただの手駒に使う冷淡な女... 関連ページ:グートルーネ

登場作品

ヴイナス戦記

21世紀、金星(ヴイナス)は巨大氷塊が激突したことで自然環境が激変、人類の生活可能な惑星となっていた。金星への植民が開始されて半世紀余り、強大な軍事力を誇るイシュタルと肥沃な国土に恵まれたアフロディア... 関連ページ:ヴイナス戦記

SHARE
EC
Amazon
logo