カーロス・リベラ

カーロス・リベラ

あしたのジョー(漫画)の登場人物。

登場作品
あしたのジョー(漫画)
正式名称
カーロス・リベラ
関連商品
Amazon 楽天

概要

バンタム級世界6位。デビュー以来34連勝、19連続KO勝ち。「ちいさな巨人」「ベネズエラの戦慄」「飢えた黒ヒョウ」の異名を持つ。パンチに続けてヒジを入れる高等反則の使い手。力石戦の後遺症で欠陥ボクサーだったジョー(矢吹丈)に勝った三人のボクサーを次々に倒す。ジョーとのエキシビション4回戦でダブルノックダウンをくらい、再戦の10回戦では互いに反則を出し合うケンカマッチと化してしまう。

ホセ・メンドーサとのタイトルマッチでは、こめかみの骨を骨折するほどの一撃を浴び、パンチドランカーになってしまい、自分の名前さえ思い出せなくなる。その後、来日し、ジョーとメンドーサのタイトルマッチではリングサイドに登場し、メンドーサを愕然とさせる。

関連人物・キャラクター

矢吹 丈

養護施設育ちの孤児。施設からの脱走を繰り返してきた。優れた身体能力に加えて野性の勘に恵まれ、粗野でケンカっ早く、悪知恵と反骨精神に溢れた不良少年。丹下段平にボクサーの素質を見出されても本気にならず、募... 関連ページ:矢吹 丈

登場作品

あしたのジョー

施設を何度も脱走し、ドヤ街に流れ着いた矢吹丈(ジョー)は丹下段平にボクシングの才能を見出される。ジョーは様々な苦難と挫折を味わいながら、何度も不死鳥のように蘇り、世界チャンピオンのベルトに手が届く高み... 関連ページ:あしたのジョー

SHARE
EC
Amazon
logo