ガニシュカ

ガニシュカ

ベルセルク(漫画)の登場人物。

登場作品
ベルセルク(漫画)
正式名称
ガニシュカ
関連商品
Amazon 楽天

概要

広大な土地を有するクシャーン帝国を恐怖で支配する王。ミッドランド王国の王が崩御した時を狙い、侵攻を開始。瞬く間にミッドランド王国の首都・ウィンダムを制圧した。その正体は使徒であり、霧のような姿になり、雷を操ることも可能。使徒を統べるものであるはずのゴッド・ハンドグリフィスに牙を剥いて戦いを挑み、同じ者を敵とするガッツを配下として欲したこともあった。

だが、使徒であることの性なのか、グリフィスを前に膝を屈するという屈辱を受け、使徒を超えるための外法を使い再転生し、天を衝く巨木のような姿になった。

関連人物・キャラクター

グリフィス

傭兵集団・鷹の団の団長。幼き日に夢見た自身の国を得るという夢を叶えるために鷹の団を結成した。大国・ミッドランド王国に肩入れし、隣国のチューダー帝国との百年戦争で休戦協定を結ばせるほどに活躍。貴族となり... 関連ページ:グリフィス

使徒

『ベルセルク』に登場する魔物。人間がベヘリットを発動させて降魔の儀を行うことで、神話や英雄譚に出てくるような怪物に転生した姿。異常な怪力を持つ戦士や浮遊能力を持つ者、口から炎の息を吐くものなど、その姿... 関連ページ:使徒

登場作品

ベルセルク

世界観全体的な世界設定本作の舞台は機械的な文明がそれほど発達していない中世ヨーロッパのような世界観がモデルとなっており、石造りの建物や深く広大な新緑の森、切り立った山々などが頻繁に描写されている。人々... 関連ページ:ベルセルク

SHARE
EC
Amazon
logo