ガラティア

ガラティア

ピグマリオ(漫画)の登場人物。クルトとは親族関係にある。

登場作品
ピグマリオ(漫画)
正式名称
ガラティア
関連商品
Amazon 楽天

概要

クルトの母で元精霊。ルーン国のステファン王と恋に落ち、父である善神アガナードに黄泉に堕されたが、ステファン自らが赴き救い出して赦され人間となった。実はピグマリオの誕生を待っていた母なる人が、悪神エルゾに虹の谷を襲われて絶命したとき、分かれて天界に落ちた半身から生まれた。

そのことはアガナードも知らなかった。精霊では子供を産むことはできないが、人間となったためクルトを授かる。それが半身のメデューサの怒りを買い、石像にされた。魂は天界の聖殿に封印されていたが、バッコスの闖入によって放たれ、クルトの前に姿を現して虹の谷に向かうよう助言する。

関連人物・キャラクター

ステファン

ルーン国王でクルトの父。長い黒髪を後ろに垂らし、顎鬚を整えている。精霊のガラティアと恋に落ちた。精霊の禁忌を犯した罪で善神アガナードによって黄泉に落とされたガラティアを自ら迎えに赴いた。メデューサにガ... 関連ページ:ステファン

クルト

ルーン国の王子で、人並はずれた怪力を持つ。まれに、額に光が現れることがある。生まれ持った優しさと正義感で誰とでも分け隔てなく接する。8歳の誕生日を前に、石像と化した母、ガラティアを発見。さらに持ち前の... 関連ページ:クルト

メデューサ

悪神エルゾの娘。青黒く光るうろこに全身を包まれ、赤く燃える瞳と避けた口で、山を一巻にする巨大な蛇の体と髪をした妖魔だが、長い黒髪の人間の姿になることもある。ピグマリオの誕生を待っていた母なる人が、悪神... 関連ページ:メデューサ

登場作品

ピグマリオ

まだ神々が人々の目に見えて導いていた時代。ルーン国の王子クルトは、母親の顔を知らず育ったが、それはかつてこの国をメデューサが襲いクルトの母が石に変えられてしまったためであった。この真実を知ったクルトは... 関連ページ:ピグマリオ

SHARE
EC
Amazon
logo