ガルシア・リョサ

ガルシア・リョサ

ジパング少年(漫画)の登場人物。

登場作品
ジパング少年(漫画)
正式名称
ガルシア・リョサ
ふりがな
がるしありょさ
関連商品
Amazon 楽天

概要

インディオの村に住む若者。スペイン人を父に持ち、メスティソと呼ばれる。日本に滞在したことがあり、日本語を少し話す事ができる。他の村人達から拒絶された柴田ハル神島かんなを助けるが、ビトコスを探している事を知り激しく拒絶する。婚約者を亡くした経験から、日本を激しく恨んでいる。

ロッキーによって、ビトコスの秘密を守り抜いたインカ帝国最後の皇帝・トゥパク・アマルの末裔であり、インディオ達を指導する立場にあることが明かされる。その後、ビトコスに向かう柴田ハル神島かんなロッキー、ソフィア、麻見今日子達と激しい戦いとなる。

登場作品

ジパング少年

千葉県の県立西浜高校に通う1年生の柴田ハルは、教員達から睨まれている「問題児」だった。南米ペルー育ちの森ととら、財閥総帥の孫で鑑別所経験のある巨漢・城山ひとみ、モデルの神島かんなと運命の出会いをした彼... 関連ページ:ジパング少年

SHARE
EC
Amazon
logo